自分名義の銀行間の送金手数料を無料にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「給与振込銀行口座は指定されているけど、自分のメイン口座は別の銀行である」という時、「A銀行給与口座から、B銀行メイン口座へ資金移動したい」と思ったりしませんでしょうか。

この時、自分で引き出して預け入れれば手数料は無料なんでしょうけれども、時間も取られるし、大金だった場合持ち運びも不安ですよね。

私自身「みずほ銀行」「楽天銀行」「UFJ銀行」「三井住友銀行」などなど、諸事情でいろんな銀行に口座を持っています。しかし、一手間かける事で、自宅にいながら手数料無料で資金を移動させる事ができています。

先日、友人と飲んでたらこれをするのに振込手数料を支払っているという話を聞き、同じような人もいるかと思い、今回は「送金手数料無料で、銀行間を資金移動する方法」について書いてみたいと思います。

ネット証券口座を用意し、証券口座を経由して資金を移動する


上の絵で書いたように、一旦ネット証券の口座を経由することで手数料無料で移動できます。一般的に、ネット証券には即時入金、即時出金できるようなサービスがついています。そして、大概こういうサービスは手数料無料なので、それを使ってしまいます。私の場合は、マネックス証券、SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券なんかを利用してこれを実現しています。

銀行口座側で用意すること

即時入出金のようなサービスは、ネット経由操作することになるので、基本的にはネット口座の開設が必要になります。例えば、メガバンクの場合、基本下記のような手続きが必要です。

みずほ銀行:みずほダイレクト
三井住友銀行:SMBCダイレクト(ウェブ振込サービス)
UFJ銀行:三菱UFJダイレクト

詳細は各ネット証券のウェブサイトで説明されているので、そちらを読むと良いでしょう。

どのネット証券が良いか

正直、振込手数料無料にするためだけなら、どこでも同じだと思います。

ただ、今後株式投資などを始める気があるのであれば、人気もあり比較的手数料も安いSBI証券にしておくのがまあ無難かなと思います。楽天系のサービスをメインに利用している人は、楽天証券も良いかもしれませんね。ちなみに、私のメイン口座はGMOクリック証券で、理由は手数料が一番安いと思うからです。

さいごに

準備はちょっと面倒ですが、準備が完了すればあとは家でウェブ画面をぽちぽちするだけで無料で資金移動できるようになります。毎回手数料払ってるというような人は、検討してみても良いのでは無いでしょうか。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください