Adsenseの関連コンテンツの解放基準・条件を調査する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Google Adsenseの広告ユニットの1つに「関連コンテンツユニット」というのがあります。割と収益率も高く、いけてるという噂なのですが、全サイトに解放されている訳ではなく、所定の条件を満たしたサイトだけ利用できるようです。

関連コンテンツは、特定の要件を満たすサイト運営者様のみご利用いただけます。ご利用になるには、サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要があります。この要件は、関連コンテンツによってサイトのユーザーに確実に優れたエクスペリエンスをお届けするために設けられています。

関連コンテンツ機能について – AdSense ヘルプより引用。

現時点で、このブログには解放されていないのですが、解放されるにはどのくらいのトラフィック量とページ数があれば良いのか気になってきました。ということで、解放される基準を調査してみました。

英語リスニング無料学習館が解放された時はどうだったか

英語リスニング無料学習館という英語のリスニング(ディクテーション)学習をオンラインでできるサイトも実は運営しているのですが、こちらは昔に解放されています。メールを遡ってみると、2016/11/17に解放されたようです。

サイトのトラフィック量とページ数が要件となっているようなので、2016年11月のページビューとページ数(これはちょいちょい更新してるので概算になりますが)を調べてみました。

PV:10万くらい
ページ数(投稿数):500くらい

これは1つの指標になりそうです。

他サイトの事例もピックアップ

事例1

この「関連コンテンツの広告」なんですけど、ちょっと前までは「10万PV以上あるサイトじゃないと解放されない」とか、色々言われてたんですが僕の調べた限りではどうやら2017年に入ってからこの解放条件が緩和されてるっぽいです。

実際、僕のサイトのトラフィックは月間で2万PVとか3万PVとかせいぜいそのくらいです。なのに関連記事を出せるようになりました。

アドセンスの「関連コンテンツ」がもう解放されてた。月2、3万PVしか無いのに何故? – シャイニングマンの「勇気を君に」より引用。

これみると、2016年の時点で英語リスニング無料学習館が解放されていたのもまあ納得ですかね。2018年になって厳しくなっていないなら、月2万から3万PVでもいけそうですね。ページ数に関しては言及がないのでわかりません。

事例2

最初見た時何かの間違いかと思った。
一応2月以降3か月連続1万PVは超えてはいますが
2万には届いていません。

5/19現在で記事数はこれを入れて230件。
表示する記事が偏らないようにって考えたら
100位あれば大丈夫…なのか?

アドセンスの「関連コンテンツ」や「クリック率」など徹底解説 – 近所の気ままなゆるブログより引用。

ここをみると、1万PV超え、200記事超え、くらいでも可能性があるように見えます。

当ブログのPVとページ数は?

ページ数(投稿数):160くらい
PV(直近の1ヶ月):5,000くらい

ということで、どっちも足りてなさそうですね。納得です。それにしてもなんという弱小ブログなのでしょうか。まあ、このブログに関してはPV狙いで書いてる訳ではなく、適当に書きたいまま書いてついでにPVも増えたら良いな戦略なので、まあしょうがないといえばしょうがないのですが。あまりに読まれないのも寂しいので、狙ったエントリーでも書いてみるかなあ(気が乗れば)。

最後に

投稿数200、月間PV1万を目標に頑張ってみたいと思います。関連コンテンツユニットを表示してもOKと、ちゃんとGoogle様から許可が出るくらいのブログにはなりたいなと思います。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください