MacのAutomatorでjpegをjpgに一括置換する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログに画像を載せるときに、スマホカメラで撮った画像や一眼レフで撮った画像とかを利用しています。写真をPCに取り込むと、拡張子がjpegだったりjpgだったり大文字だったりします。

大文字から小文字はMacで拡張子大文字のファイルを一括で小文字にする方法の方法で出来るようになったので、今度はjpegをjpgにするサービスをautomatorで作ってみたいと思います。

jpegをjpgにファインダーで一括変換するAutomatorのサービスを作る


Automatorを起動し、サービスを選択します。


ファイルとフォルダ>Finder項目の名前を変更 を右側にドラッグし、画像のように設定し、適当な名前で保存します(クリックで拡大します)。


あとは、ファインダーでjpegのファイルを選択し、右クリック>サービス から先ほど保存したサービスを選択して実行します。


jpegからjpgに一括変更されます。

さいごに

Automatorは便利なのでMac使ってるなら使うといいですね。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください