Wimax2を最新機種に変更しつつ、安く契約できた話(方法)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私は家でも外でもインターネットにつなげることができるように、UQコミュニケーションズの契約でWimax2端末「Speed Wi-Fi NEXT W01」を使用していたのですが、先日故障してしまいました。機種変更してこの端末を使い始めてからは10ヶ月とメーカー1年保証の期間内だったので無償で交換してもらえると思ったのですが、修理に出した結果、心当たりのない水漏れ判定。自然故障ではないので修理するなら有料、ということになってしまいました。

ということで、考えられるプランは下記の2つとなりました。

・修理代金12,960円(税込)を払って修理する。
・解約金20,520円(税込)を払い、新しい端末で新規契約しなおす。

色々と検討した結果、「解約金を払い、最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT W03に機種変更しても、故障せず使い続けた場合と比べてもお得になる方法が存在する」ということがわかりました。

そこで今回は、どんな方法使ったかを紹介してみようと思います。といっても、割とシンプルです。

A8のセルフバック(自己アフィリエイト)を使う

最近は知っている人も多いですが、ウェブサイトで商品を人に紹介し、ユーザーさんがクリックして商品を購入したら、紹介料として報酬がもらえるアフィリエイトというものがあります。このアフィリエイトですが、ユーザーさんに商品を紹介するだけでなく、自分でその商品を購入しても紹介料として報酬がもらえる(=つまりキャッシュバックになる)案件も存在します。自己アフィリエイトとか自己アフィリとか言われていたりします。A8.netでは、セルフバックと呼ばれています。

Wimax2など通信系の案件は、自己アフィリエイト可能かつ、報酬金額が高かったりするので、こちらを使ったらかなりキャッシュバックされるのでは?と思いつき、さくっと探してみたところこんなものが見つかりました。

なんと、Board Wimax、申し込むと3万円のキャッシュバックです。3万キャッシュバックされるだけで、解約料金以上です笑。
契約元がUQ communicationsからBroad wimaxになってしまいますが、ユーザーとしてはどっちも同じなのでまあどうでもよいですね。

ただ、上記は2016年11月1日までの話です。ということで、このブログ執筆時点でもまだ案件があるか調べてみました。すると、2万円に減額されてはいましたが、まだまだ魅力的な水準でセルフバック案件として残っていることを確認できました。

契約時の初期費用など諸々を計算して比較してみた表は、下記になります。

*計算間違いしてたらすみません。
*クレードルは欲しかったので、つけてます。

一番左が「故障せず使い続けていた場合」。一番右が今回採用のBroad Wimaxです。2年総額の差を見てわかるように、切り替えて機種を最新にした方がお得ですよね(Wimaxはだいたい2年使わないと解約料がかかってしまうので大体2年使うことになるので2年総額で計算してます)。

ちなみに、Broad Wimaxは、セルフバックに加えて通常の誰でもOKなキャンペーンとして初期費用割引キャンペーンとかやってました。表の金額は、当時のキャンペーンの数字で計算したものになってます。

当時のキャンペーンでの金額詳細はこちら(画像です)
*契約時は「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」をつける必要があったので、つけて契約しました。到着後すぐ解約可能なので、商品が届いたら解約しました。

まとめ

「Wimax2比較サイト」のようなウェブサイトでは、親切にキャンペーン価格を比較して最安値を弾き出してくれたりしていますが、アフィリエイトによる報酬目的のサイトだったりすることが多いです。まあ、儲からないなら親切に比較するサイトなんて誰もなかなか作ろうと思わないですよね。

しかし、1ユーザーとして本当に最安値で契約したいのであれば、自己アフィリエイトによるキャッシュバックも検討に入れると良いかと思います。まあ、自己アフィリエイトの案件も永久に存在するわけではなく、企業側の都合でなくなってしまうこともあるので、使えるかどうかはタイミングによりますが。

キャッシュバック金額に関しては、こう言った通信系の案件とかFX口座開設とかクレジットカード案件(こっちはポイントサイト経由した方が得なことが多い)は高額のキャッシュバックになることが多いので、そういうのに申し込む機会がある人は一回は見てみることをおすすめします。雰囲気としては、「ユーザーが増えても、サービス提供原価はあまり変わらない。高利益。支払いが何回も発生し、なおかつずっと使い続けるような商品(=企業側がそれだけ高額な広告費を払ったとしても、最終的に利益になることが見込まれる商品)」は高額キャッシュバックが見込めるイメージがあります。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*