ものづくり

カラーボックスと天板で横幅広めの机を作る方法(簡単DIY)


投稿日:2016年12月11日 更新日:

部屋にローテーブル(自分が地面に座ってちょうどよい高さの机)しかなかったので、PC作業とか勉強する用の机が欲しいなと思っていました。

ただ、部屋も狭いですので、それなりの収納力を持ったものが欲しいなと思いました。

そこで思いついたのが「カラーボックスを使って机を作れば良いのではないか」というもの。

よこちゃん
簡単なDIYですね

実際に作ってみた(といっても、ほぼほぼ組み立てたり置いたりしただけですが)ので、紹介してみたいと思います。

カラーボックス机の最終形態

カラーボックスと天板でDIYした横幅広めの机
完成品はこちらです。

こんな感じで、テーブルの足としてカラーボックスを2つ使います。

そして、その上に天板を一枚おきます。これで完成です。

私は、机の上にも収納が欲しいなーと思ったので、足のカラーボックスより一回り小さいカラーボックスを机の上に置く事にしました。

サイズ感

サイズは下記の通り。

  • 足のカラーボックス:幅42×奥行30×高さ72cm
  • 天板(メラミン化粧板):幅180×奥行45×厚さ1.8cm
  • 机の上のカラーボックス:幅42×奥行30×高さ59cm

机の上にあるのは、Macbook pro 13inchです。写真でわかるかと思いますが、やや奥行きは狭い感じになってます。

机の高さ(=カラーボックスの高さ)については、机の高さと椅子の座面の高さの関連性のサイトを参考にしたり、仕事先のテーブルの高さを参考にしたりしました。

また、足元のフラットベンチのサイズは下記の通りです。


画像はリーディングエッジ フラットベンチ LEFB-005 [耐荷重250kg ダンベル トレーニング] より引用。

制作するために使った物と費用

作るのに使ったものは下記です。

材料

  1. カラーボックス(足) 999円(税込,送料別) 2個
  2. カラーボックス(机の上)899円(税込,送料別) 1個
  3. メラミン化粧板(ホワイト)3,980円(税込,送料別) 1枚
  4. 3M VHBテープ BR-12 19mm×1.5m1,680円(税込,送料無料) 1個

材料費合計

  • 材料価格(税込):8,557円(机の上のカラボ無の場合:7,658円)
  • 送料(税込):1,080円(540円(楽天) + 540(コメリ))
  • 合計(税込):9,637円 (机の上のカラボ無の場合:8,738円)

使った道具

・家にあったドライバー

価格感に対するコメント

以外と安くはないのかもしれませんが、これだけの大きさと収納力を持ってればそんなもんかなという気もします。

IKEAのLINNMONとかは安いですけど、サイズは小さいし収納もないです。

横幅増やすために同じ机を2つ買い、収納も別途購入するとなると、どうですかね。

今回作ったカラーボックス机は、収納力もかなりありますし、コスパ的にも割とありなのかなーと思っております。

あと、今回天板はメラミン化粧板をチョイス。

メラミン樹脂は表面硬度が硬く傷がつきにくいという特徴があります。

また、耐熱性に優れ、耐水性、耐候性、耐磨耗性も高いです。汚れも拭き取りやすいです。

よって、日用品や建材にもよく使われてます。


画像は、コメリのページから引用。

ちなみに化粧板はサイズ違いもあるので、小さめの机で良いという人は小さくしてコストカットすることもできます。

また、今回、VHBテープも買いましたが、これが割と高かったりするので、その辺りどうにかなればもうちょい安くはなりそうですね。

カラーボックステーブルの作り方

まあ、組みあがりの写真から大体想像はつくと思いますが、簡単にポイントだけ紹介します。

1)説明書に従って、カラーボックスを組み立て

ここは、頑張って組み立ててください。以上。

2)カラーボックスに天板固定用のVHBテープを貼り付け


コーススレッドでネジ止めしてもいいかなーと思ったのですが、せっかくきれいな天板なので穴開けたくないなと思い、超強力接着用VHBテープを使う事にしました。

はさみで切って、足用のカラーボックスの天面に、画像赤丸部分の感じで4点貼りました。

強力ですし、これだけでも机が滑ってずれることはないです。

使ったのは3M VHBテープ BR-12 19mm×1.5mです。

3)天板をカラーボックスの上に置く

位置に気をつけて天板を足用のカラーボックスの上にのせます。

これで完成です。

私のように、机の上にもカラーボックスのせたい人はお好みで載せればOKです。

横長の椅子は何?

椅子はどうするか迷った末に、下記のフラットベンチにしました。

ぼちぼち私は家で筋トレをしているのですが、現在はバランスボールとダンベルしかないので、バランスボールを使ってダンベルプレスとかしています。

そして、ふと思ったのが「やってる途中でボールが破裂したら悲惨な事になるのでは?」ということ。

よこちゃん
潰れて怪我するのは嫌です

椅子をフラットベンチにしておけば、筋トレにも使えます。

それに、このベンチと机、大きさがジャストフィットしてますしね。

机の中にちょうどしまえるサイズ(片側の足がちょっとはみ出ますが)なので、気に入っています。

最後に

カラーボックスと天板でDIYした横幅広めの机
家で筋トレしたい&部屋狭い&でも机も欲しい」人には、どんぴしゃな机な気がしています。

フラットベンチは通常部屋の中ではかなりじゃまになると思いますが、この机だと机の下にちょうど収納できるのでかなりスペースの節約になります。

また、筋トレしなくても「まあまあ安くて収納力の高い机が欲しい」という目的なら満たせる机かなと思います。

机幅も1,800mm(=1.8m or 180cm)と、普通の人には十分すぎるほどだと思いますしね。

簡単にカラーボックスを使って机をDIYしたい人の参考になればと思います。

カラーボックスと天板でDIYした横幅広めの机(2年)
追記:その後、2年以上活用しておりますが、天板が重みで反って折れたりずれたりといった不具合は起こらず、特に問題なく使えております。

-ものづくり

Copyright© ヨコログ , 2019 All Rights Reserved.