ポイント還元と現金値引の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

良く電器屋さんとかに行くと、「◯%現金値引」とか「◯%ポイント還元」という表記を目にしますよね。一見どちらでも同じように見えませんか?

しかし実は、「5%ポイント還元」と「5%現金値引」では、お得度が違います。レートが同じなら、現金値引の方がお得となります。自分自身この事を知った時ちょっと感動したので、違いについて簡単に例を挙げてまとめておきます。

例題(1ポイント=1円とします。)

例えば、売値1000円(ポイント還元率5%)の商品Aを購入する場合を考えてみましょう。この場合、


払う現金:1000円

もらえるポイント:50ポイント

となります。なんとなく、50円ポイントがついて、50円安くなった気がしますが、実はそうではありません。なぜなら、この50ポイントは次回お買い物をして初めて効果を発揮するからです。という事で、売値50円の商品Bを続けて購入する事にしてみましょう。(実際はポイントを使うので現金は使わない。)


払う現金:0円(ポイントを50ポイント使用)

商品AとBのお買い物を整理すると、


払った現金:1000円

手元にある商品の価値:1050円 (商品A1000円+商品B50円)

という事になります。つまり、「1000円の5%ポイント還元」は、「1050円の商品の50円現金値引と同等」という事になります。

つまり、

5%ポイント還元(1000円の商品) = 50÷1050 = 4.76%

となり、言い換えると「5%ポイント還元は、4.76%の現金値引」と同等となります。

「ポイント還元」「現金値引」換算計算ツールを作りました

いちいち計算するのは面倒なので、ツールを作成しました。よろしければ是非ご利用ください。

・・・「ポイント還元」「現金値引」換算計算ツール


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*