ものづくり

DIYしたり、何かものを作ったりした記事のカテゴリーです。

西川のマットレスAirをリクライニングベッド化した【DIY】

およそ一年前、マットレス(ふとん)を改造しリクライニング座椅子機能を追加する方法【DIY】という記事に書いた通り、西川のマットレス「Air」に無理やりリクライニング機能をつけてみました。

割と満足して使っていたのですが、そのまま地面に敷くスタイルなので、高さのあるベッドと違い、下側を収納に使うことができません。ということで、ベッドに改造して収納スペースを確保してみました。

基本構成


基本構成はこんな感じ。脚がつき高さができたので、下の空間にたくさん物を収納することができるようになりました。綺麗に片付き、狭い部屋に住んでいる人としてはありがたいです。

マットレス土台と机は、地面側からコーススレッドを打ち込んで固定しています。

DIY改造内容説明

頭の部分を伸ばす


↑頭の部分の長さが足りてなかったので、少し追加DIYしました

スピーカー置き場


スピーカー置き場はこんなイメージです。50円くらいのホームセンターの端材と100均のすのこで構成されています。すのこは、写真右側からマットレス土台の側面にコーススレッドでとめています。

テレビ台


テレビ台はこんな感じ。自分の好きな寸法で本棚を作る方法で作った時の棚を縦向きにしたらちょうどいい感じだったのでそのまま使いました。コーススレッドを机に打ち込んで固定しています。

飲み物置き場


↑今までは地面に飲み物を置けば良かったですが、高くなったことで置き場所がなくなったので、飲み物置き場を作ってみました。


置き台となっているこちらのヘラも百均で調達。使わないときは回転して収納できます。


使うときは回転させて引き出します。

さいごに

使い心地としては割と良いです。ただ、テレビ台がやや小さいので地震とか振動で落ちないか心配です。

また、飲み物置き場が自分の座っているベッド面より地面側にめり込んだ形なってしまっており、コップが自分からは見えません笑。ですので、ベッドから出ようとする時に気づかずぶつかり、コップを落として割れてしまうという事件が起こっております。ここは改善の余地がまだあるでしょう。

↑西川airというのはこれです。とてもおすすめです。

Curaでベッドの端に出力されるようになってしまった時の修正方法

Tevo Tarantulaという3Dプリンターを趣味で使用しています。スライサーは最近Curaを使っています。先日、急にCuraでスライスしてTevo trantulaで出力しようとしたら、出力位置がベッドの中心ではなく端っこ(左下隅)あたりになり、ベッド外に出力されるような感じになってしまいました。

いろいろ調査した結果、Cura側の設定を意図せずいじってしまったことにより発生していたようでした。メモとして修正方法を残しておこうと思います。

続きを読む

デジタル一眼レフ用の自撮り棒(手元シャッター付)を構築する方法

スマホ用の自撮り棒(bluetoothの手元シャッター付)は、今やありふれたものとなっており、どこでも売ってます。スマホを使って、複数人で自撮りする時にはとても便利ですよね。

これを一眼レフカメラでもやりたいと思っていろいろ探したのですが、どうもなかなか「手元でシャッターを切れる一眼レフ用の自撮り棒」というのが見つかりませんでした。調査を進めたところ「一眼レフ用の棒」と「一眼レフ用の赤外線リモートコントローラー」を組み合わせれば、やりたいことが実現できそうだとわかり、作ってみました。

これがDIY感まるだしな割に、まあまあ使えることがわかったので、作り方なんかを書いてみたいと思います。なお、私の使っているデジタル一眼はキヤノン(Canon)のkiss x4なので、これベースで記事を書きますが、他のデジタル一眼でもだいたい同じような構成で実現できるのではないかなと思います。

続きを読む

マットレス(ふとん)を改造しリクライニング座椅子機能を追加する方法【DIY】

東京西川のマットレス「Air」をかれこれ3年以上使っています。まあまあ高かった(多分5万くらい)記憶ですが、睡眠は毎日とるものですし、寝心地いいですし、腰への負担も減りますし、とても良い買い物だったと満足しています。

そして、ある日「こんなに心地よいのなら、座椅子化して座る時にも利用できたらいいな」と思いました。別途座椅子を買えばいいのでは?という意見もあるかもしれませんが、部屋狭いので、いらないもの増やしたくないです。それに、もともと布団(マットレス)としてのスペックの高いAirをそのまま利用した方が、その辺の安い座椅子を買うよりも良いと思いました。

どこを探しても、マットレスを座椅子化する製品がなかったので、しょうがいないので自分で作ることにしました。Let’s DIY!


↑できあがりイメージはこんな感じです。マットレスの下にリクライニング機構を持った土台を仕込みます。土台の頭の部分がリクライニングすることで、マットレス(ふとん)も一緒にリクライニングします。

↑西川airというのはこれです。とてもおすすめです。

続きを読む

3DプリンターTevo tarantula、最初のテストプリントから今までにやった事

3Dプリンター「TEVO Tarantula」のファームウェア設定からテストプリントまでに書いた通り、最初のテストプリントまで終わりました。その後、いろいろやったので簡単にまとめておきます。ガチャガチャいろいろいじって、よくわからなくなったところもありますが、とりあえず書いてみます。

続きを読む

3Dプリンター「TEVO Tarantula」のファームウェア設定からテストプリントまで

前回の記事、3Dプリンター「Tevo Tarantula」を開封&組み立て完了。電源を入れてみたにて、組立を完了し、一応電源入れたら動くところまでは確認しました。

ただ、このままではまだ3Dプリントできる状態とは言えないので、ファームウェアを入れて初期設定したり、関連ソフトウェア(スライサーソフト)を入れたりして、最初のテストプリントをするところまでを書いてみます。

続きを読む

組立式3Dプリンター「TEVO Tarantula I3 3D Printer kit」を購入、届きました

3Dプリンターが欲しいなと思いまして、いろいろ探しておりました。最初は「
AFINIA H400 3Dプリンタ
を買おうかなと思ったのですが、予算等々の都合でやめまして、「TEVO Tarantula I3 3D Printer kitという組立式の3Dプリンターを購入することにしました。


↑組み上がったあとはこんなのになるようです。

続きを読む