書評

10年後に食える仕事食えない仕事【書評】


投稿日:

グローバル化が進む中、日本人が食いっぱぐれない為にはどうしたらよいのだろうか?どのような職種が良いのだろうか?という様な事が書いてある書籍です。

グローバル化が進む中、日本人の仕事として日本に残る仕事はあるのか!?。あらゆる職を4分類して示しているのが印象的です。

①重力の世界

技能集約的で、日本人メリットが無いエリア。ブルーカラー的な職種。どこの国の人がやっても影響が無い事が多く、IT化、グローバル化の影響をモロに受ける。また、特別な技能が必要な事も少なく、賃金単価はグローバルの最低給与水準に収斂される。

例:コールスタッフ、検査・組立工等

②無国籍ジャングル

知識集約的で、日本人メリットが無いエリア。世界を相手に勝負する。バリバリやる人の為のエリア。著者曰く、ここのエリアでの仕事に向いている人のイメージは、女性なら勝間和代氏みたいなハイパーウーマン。男性の場合は、ヒクソングレイシーみたいな男を目指して頑張れ!との事。笑

例:デザイナー、プロスポーツ選手、建築家等

③ジャパンプレミアム

技能集約的で、日本人メリットの活かせるエリア。日本独自のカルチャーに深く関連し、置き換わりくい。

例:メガバンクの地域営業、ホテルマン、保育士、保険・公務員等

グローカル

日本人メリットを活かしつつ、ホワイトカラーとして高付加価値なスキルを身につけて外国人労働者からの高い参入障壁を築くエリア。

例:グローバル営業、メーカー開発者(高付加価値品)、人事のプロ等

感想

個人的には、やっぱりグローカル辺りを目指すのが、コスパ高くて良さそうだなーと思います。無国籍ジャングルには、足をなかなか踏み入れる事が出来なそうです。笑

英語が苦手な人は、ジャパンプレミアムのエリアで頑張ればいいと思います。グローバルグローバルと言われていますが、実際問題必要なさそうな職種もありますし、冷静に自分の頭で判断したい所ですね。

本書の中では、もっとたくさんの職種や、もっと細かい解説が記載されています。グローバル化によって、自分の職業どうなっちゃうの?と感じている人や、どんな職業を選ぼうかと考えている学生は、一度目を通してみても面白いのではないかと思う本です。

-書評

Copyright© ヨコログ , 2019 All Rights Reserved.