雑談

Amazonクラシックカードとゴールドカードを比較しどちらがお得か計算してみた

投稿日:2017年7月22日 更新日:

私、そこそこのAmazon使いで、プライム会員でもあります。

どうせプライム会員に入るのであれば、ポイント還元的にAmazonのクレジットカードに申し込み、Amazon決済する時はそれを使った方がお得であることに気づきました。

そして、そんなAmazonのクレジットカードですが、「クラシックカード」と、「ゴールドカード」の2種類あります。

カードにより還元率や年会費や特典が違います。

そこで、どっちに申し込んだ方がお得そうか計算してみました。

Amazonクラシックカード、ゴールドカード基本情報

検討を始める前に、まずこの2つのカードの基本情報をまとめておきたいと思います。

また、このカード使おうというような人は基本的にプライム会員には加入するものと思いますので、プライム会員になる前提で記載します。

また、マイ・ペイすリボはカード利用上限額と同じに設定すれば実質加入しても手数料なしでいけるので、選択して割引を受ける前提です。

参考三井住友カードのマイ・ペイすリボの支払額をカード利用枠と同じにする方法

クラシックカードゴールドカード
年会費実質無料*1各種割引使うと4,400円*2(通常年会費は税込11,000円)
還元率(Amazon.co.jp利用分) プライム会員:2.0%
プライム会員以外:1.5%
2.5%
還元率(その他利用分)1%1%
その他特記事項 新規加入で2,000amazonポイント付与。
プライム会員は付帯しない。
プライム会員入る場合、別途費用4,900円(税込)(年間プランの場合)必要。
新規加入ポイントなし
プライム会員が付帯する
クラシックカードから途中切替可能
*1
初年度:無料
翌年度以降:前年度1回以上のカード利用で無料
*2
(初年度)
申込時マイ・ペイすリボ選択で5,500円(税込)割引。

(翌年度以降)
・マイ・ペイすリボ割引 5,500円(税込)
・WEB明細書割引 1,100円(税込)
よって、ゴールドカードの実質年会費は、11,000-5,500-1,100=4,400円

ゴールドカードとクラシックカードのどちらがお得か検討する

まずはクラシックカード申し込みがベストか

  1. クラシックカードに申し込み2,000ポイントもらう
  2. 1度買い物などで利用(マイ・ペイすリボ選択で5,500円割引を利用するため)
  3. ゴールドカードへ切り替え

検討の結果、上記の流れで申し込むのが良いのではないかと思っています。

クラシックカードからゴールドカードへの途中切替が可能ですので、まずはクラシックカードに申し込み2,000ポイントをもらうのが得策でしょう。
(私が昔申し込んだ時はできましたが、この辺りは要確認かもしれません)

その後、何か1つそのカードでお買い物をしてカード利用実績を作り、5,500円のマイ・ペイすリボ割引を使えるようにします(詳細は後ほど説明)。

その後、ゴールドカードに切り替えます。

そうすると、2,000ポイントをもらいつつ、5,500円のマイ・ペイすリボ割引を効かせることができます。

ということで、ゴールドカードの人も、クラシックカードの人も、まずはクラシックカードに申し込みの方がお得になるのではないかと思います。

各種制約や注意事項

電話で確認しました。

5,500円のマイ・ペイすリボ割引についての注意事項

切り替えの場合にマイペイスリボ5,500円割引を効かせようと思ったら、

  1. マイペイスリボ登録
  2. 過去1年以内のカード利用実績

が必要だそうです。

つまり、クラシックカード届いたら1度は使ってから切り替える必要あります。

1,100円のWEB明細割引についての注意事項

・過去1年間に6回以上のご請求回数がある場合は年会費を1,100円(税込み)割引。
→初年度は1,100円の割引は使えない。

ゴールドカードに切り替えるか、それともクラシックカードのままにするの、どっちがお得

ゴールドカードに切り替えないで、クラシックカードのままにした方がお得ということはないの?
私も気になったので、ちゃんと比較してみることにします
よこちゃん
クラシック固定費:4,900円(税込) *プライム会員費用
ゴールド固定費:4,400円(税込) *1

*1初年度は1,100円のWEB明細割引は使えず、5,500円割引のマイペイスリボ割引しか使えないため。ただしクラシック→ゴールド切り替え戦略を使うと、新規加入2,000ポイントもらえるので実質3,500円)。

プライム会員をつけるのを前提とすると、上記固定費が年間でかかってきます。

2年目以降

2年目以降はプライム会員利用を前提とすると、ゴールドカードの方がお得なことがわかりますね(固定費差額500円)。

さらに、ポイント還元率も0.5%ゴールドの方がお得ですので、amazonを使えば使うほどその差は広がることになります。

初年度

初年度はWEB明細割引が使えないため、ゴールドの固定費は5,500円となりクラシックに600円負けます

600円分得するにはいくらAmazonでお買い物すれば良いか

3年継続利用すればこの600円も自動的にとりかえせるのですが(固定費差額500円 x 2年)、できれば初年度単年でも損しない事を確認したいですね。

ということで、ゴールドとクラシックのポイント還元の差でこの600円分を埋められないか調べてみます。

各カードのAmazonでの買物時のポイント還元額は下記のとおり。

クラシックポイント還元: お買い物金額 × 2%
ゴールドポイント還元: お買い物金額 × 2.5%

その差は0.5%です。

120,000円 x 0.5% = 600円

ですので、初年度から120,000円以上お買い物する人は、この固定費の差額もポイント還元分の差でまかなえます

よこちゃん
まあ、3年使えば損しないので、プライムヘビーユーザーの人は気にしないでよさそうですけどね

Amazon利用料の算出方法

初年度の計算をする際、自分がAmazonでいつもどれくらい買い物しているかわからないという人も多いでしょう。

よこちゃん
私はそうでした

手でちまちま計算するのは大変ですので、私はAmazon歴13年で使用した金額を出力してみましたで紹介されているgoogle chromeのconsoleでスクリプトを走らせる方法を利用させてもらいました。

これだと簡単に出せます。

Amazonクラシックカードとゴールドカードを比較しどちらがお得か計算してみた【まとめ】

  1. クラシックカードに申し込み2,000ポイントもらう
  2. 1度買い物などで利用(マイ・ペイすリボ選択で5,500円割引を利用するため)
  3. ゴールドカードへ切り替え

プライム会員利用を前提とすると、上記の流れで進むのが良さそうです。

自分がすっきりするために計算してみましたが、割と参考になりそうなのでブログ記事として公開してみました。

よろしければ参考にしてみてください。

なお、規約はコロコロと変わるものですので、最新の情報は公式サイトを参考にしてください。

参考アマゾンプライム

-雑談

© 2020 ヨコログ