ミツカンミュージアムを観光してきた写真と感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

3泊4日で名古屋旅行に行ってきました。3日目のメイン観光として、半田にあるミツカンミュージアムに行ってきました。写真をはりつつ、振り返ってみたいと思います。

公式ページ:MIZKAN MUSEUM(ミツカンミュージアム)

ミツカンミュージアムとは?

ミツカンの酢づくりの歴史や、食文化の魅力にふれ、楽しみ学べる体験型博物館のことです。通称MIM。体験型の見学ツアーがあるので、こちらに参加してきました。

入館料

大人:300円 中高生:200円 小学生:100円 乳幼児:無料
※障がい者手帳をお持ちのご本人とその付き添いの方1名:半額

ツアー所要時間

90分(ガイドツアー70分+「光の庭」体験エリア20分) 

訪問日

2017年9月9日(土)10時

見学ツアーは予約制なので、事前予約して行きました。割と埋まってるので、日程決まったら早めに予約するのがいいと思います。予約はこちらのページからできます。

行き方

名古屋駅から、名鉄の特急電車に乗り知多半田駅で下車し、そこから徒歩で行きました。名鉄の特急電車、勝手に全席有料席だと思い込んでいましたが、普通に乗れる席もあるんですね。めっちゃガラガラで、座って行けました。

帰りはJR武豊線の半田駅から帰りました。JRの半田駅の方がミツカンミュージアムに近いので、時間と路線があえばこちらが良いかなと思います。

ミツカンミュージアム(MIM)の写真と感想


ミュージアムの入り口はこんな感じ。かっこいい。

5つのゾーンを順番に見て回る感じのツアーでした。大地の蔵→風の回廊→時の蔵→水のシアター→光の庭という感じで回ります。説明員のお姉さんが1人つき、説明しながら回ってくれる感じです。一緒にまわっていたのは、10人-20人くらいでしょうか。家族連れも多かった印象です。

大地の蔵


では、大地の蔵からスタートです。


模型の前に説明パネルがある。


説明模型。


説明模型。


静置発酵室。


蓋が空いてて様子が見れる。


ツアー参加者みんなで移動中。結構参加者はいましたね。


酢を量る、酢を運ぶ、酒粕を量る。


3つの樽があり、それぞれ内容量が違う。「叩いた音の違いでどれが満タンか当てましょう」のコーナー。


香りのひきだし。引き出しをあけると、お酢の匂いがする。いろんなお酢の引き出しがありました。


文字と映像でよくわかる発酵の仕組み。

風の回廊


次は、2つめのゾーンの風の回廊へ。


ミュージアムから外を眺める。この川がうんたらかんたらという話だった気がする(忘れた)。


とりあえず雰囲気があるコーナーだったので写真を。

時の蔵


あんまり写真撮ってなかったのか、次はもう3つめのゾーン、時の蔵です。右にいるのは説明員のお姉さんです。ミツカンの変革と挑戦の歴史を学べます。


1973年(昭和48年)のサワー漬け提案のリーフレット。


味ぽんのデザインの移り変わり。これは面白い。
左の列から順番に、1964年(発売当初)、1968年(2つ)、1775年頃(2つ)、2007年です。


1964年(発売当初)、1968年の拡大図。


1968年、1975年頃の拡大図。


1975年頃、2007年の拡大図。

水のシアター


4つ目のゾーン、水のシアターへ。ここでは、映像作品を楽しみます。

光の庭



そして、最後の光の庭のゾーン。このゾーンは全体的に、フォトジェックゾーンぽかったですね。記念撮影や、いろんな体験ができるゾーンのようでした。ざくろ黒酢と、まろやかリンゴ酢をいただく。


寿司の模型がいっぱいならんでいたりする。


寿司!


寿司!


寿司握り体験的なのもある。寿司の握り方を教えてくれる。寿司下駄において、ネタが落ちないように綺麗に握れたら合格!みたいなゾーン。子供とかは、わいたい楽しめそう。もちろん、本物ではなくシャリは紙粘土で、ネタもプラ系の何かでした。


人がはまることで「す」になれる壁も。


写真用パネルも!


自分だけの味ぽんオリジナルラベルを作れるプリクラ?みたいな機械もあったのでやってみました(価格は忘れたけど数百円程度)。ラベルだけでなく、味ポンももらえるので、割と満足度は高い。


写真を取ると、すぐにこんな感じのオリジナルラベルが印刷されてきます。


これをうまく貼り付けて完成!


貼れた。


MIMのケースに入れて、持って帰れます。

さいごに

いろいろ体験できて、満足度高かったです。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*