Grabのクレジットカード登録(Grabpay登録)を日本で行う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィリピンに近々旅行に行く予定にしています。ただ、野良タクシーに乗るのも結構ぼったくられたりと、面倒なことが多そうです。ということで、GrabというUberのようなサービスに事前に登録しておくことにしました(Uberでいけそうならそれでよかったのですが、どうも今はUberでなくGrabしか走ってなさそうなので)。

現地では現金やりとり無しで乗車したいので、先にクレジットカードを登録しておこうとしたところ、エラーが出てうまく進めなくなりました。結局、ちょっとした小細工をすることで登録までたどり着いたので、その流れを書いておこうと思います。なお、私はAndroidスマホを使用しているので、Androidのことを書きます。

Grabアプリをダウンロード

まずは、Google PlayからGrabのアプリをダウンロードし、アカウントを作成します。ソーシャルのアカウントにも紐づけられるようですが、自分はMobile numberで登録しました。SMS認証が入るので、そこも進んでみましょう。

SMS認証後、エラー画面が表示される

SMS認証が進むと、下記のエラーメッセージがアプリに表示されます。

SORRY :-(
Looks like we weren’t able to connect to our server. Please try again in a few minutes.
TRY AGAIN

数分待ってからトライしてね、ということなので、待ってから何回か試しましたが、どうもダメそうでした。ということで、英語で公式ヘルプにメールして問い合わせてみたところ、下記の返信がきました。

Grabのクレジットカード登録は日本ではできない

We regret to inform you that users outside of the operating countries Singapore, Malaysia, Philippines, Thailand, Vietnam, Indonesia and Myanmar will not be able to access Grab due to a security feature. You will be able to access the app once you’re in the above mentioned countries.

ということで、どうも営業している国の外からだとダメってことのようです。日本でクレジットカードを登録しておきたいなと思っている自分としては、これは困りました。

Androidの開発者向けオプションで、GPSの位置を偽装する

「どうやって営業国外か判断してるのかな?」と考えてみたところ「GPSがわかりやすいかな?そもそも、位置情報から車拾うアプリだし」と思い、GPS位置を偽装してフィリピンにしてみたところ、うまくいきました。手順は下記の通り。

GPS偽装アプリを入れる

私は「Fake GPS location」というのを入れました。こちらのアプリを入れて、アプリを起動。ピンの位置をフィリピンにします(フィリピンでなくても、営業している国ならどこでも大丈夫だとは思います)。

Androidの開発者向けオプションの仮の現在地情報アプリを選択を変更

「Androidの開発者向けオプション > 仮の現在地情報アプリを選択」と進み、先ほど入れたFake GPS locationを選択します。

開発者向けオプションをこれまで使ったことない方は、まずこの項目を出す必要があります。ググれば方法は出てくるので、「自分の機種名+開発者向けオプション+表示」や「自分のandroidのバージョン+開発者向けオプション+表示+方法」とかでGoogle検索してみましょう。

Grabアプリを起動。GrabPayからクレジットカードを登録

Grabのアプリを開くと、先に進めるようになっています。GrabPayの項目を開き、クレジットカードを登録します。なお、一回エラー画面から先に進んだ場合、開発者向けオプションの仮の現在地情報アプリの選択は無しにしちゃっても大丈夫のようです。つまり、一回営業国内でアプリ起動まで進めた後は、国外に出ても問題ないみたいです。

簡易的に価格を比較

空港から約4kmの位置に宿があります。ざっと調べてみたところ、下記のような価格になりそうでした。

・クーポンタクシー(所定のエリア内であれば一定料金のタクシー):150ペソ。
・イエロータクシー(空港周辺、認可有):初乗り500mまで60ペソ、以降300mにつき4ペソ。
・レギュラータクシー(認可有):初乗り500mまで30ペソ、以降250mごとに3.5ペソ、待機2分ごとに3.5ペソ。
・Grab car:102ペソ
・Grab taxi:118-177ペソ
・Grab share:102ペソ

ですので、普通のイエロータクシー使って「メーターつけろ、おい遠回りすんな」とか面倒くさいやりとりするくらいなら、Grab car使っちゃった方が良いかなって感じですかね。値段もあまり変わらなさそうですし。

最後に

ぼったくりとかがよく発生する国こそ、こういうアプリは助かりますね。レビューシステムにより、通常タクシーみたいに「どうせ観光客の一見さんだし、ぼったくっても仕事に関係でないしぼったくっとこー」みたいなインセンティブにならなくてとても良いです。評価経済社会ですね。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください