海外キャッシングと両替のコスト差を比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日、2泊3日で香港・マカオ旅行へ行ってきました(詳細:2泊3日の香港・マカオ旅行の費用・日程・スケジュールまとめ)。現地では出来るだけクレジットカードを使おうとは思っていましたが、現金が手元に無いと不安がありますし、現金のみの店舗もあるので、現地通貨を調達しました。

「両替するよりも、クレジットカードの海外キャッシングを使う方がコスト的に安くてお得」と言う情報を聞いてはいたので、実際に試してみてコスト差を比較しました。

結論から言うと、海外キャッシングの方がコスト安でした。下記は、計算過程と詳細です。

海外キャッシングをした日時、場所、金額

日時:2017年11月3日(金)
場所:香港国際空港内、E22付近のTravelexにあったATM
金額:1500HKD(香港ドル)

今回、香港国際空港から外に出ず、制限エリア内からそのままフェリーに乗り継ぎしてマカオにいく予定でした。空港内の案内板でいうE22付近でフェリーのチケットが買えるのですが、近くに外貨両替travelexがあり、ATMも併設されていました。このATMで海外キャッシングしてみました。1500香港ドル調達しました。


右側のCard to Cashと書いてあるATMで海外キャッシングできます。

海外キャッシングに使ったクレジットカード

楽天プレミアムカードでやってみました。

海外キャッシング(繰上返済)の場合のコスト

結論から言うと、1500香港ドル借りるのに、合計22,006円必要でした(もちろん、借りている期間金利がかかるので、いつ返済するかで総額は変わる)。

繰上返済合計金額(金利含む):22,006円
海外ATM手数料:216円
合計= 22,222円

(内訳)
明細のキャッシング料金:21,963円
金利:43円(1日約11円)

なお、楽天カードの場合、繰上返済するためには電話する必要があります。フリーダイヤルなのでコストは0円です。


楽天e-naviの明細。こんな感じで海外キャッシングした金額は掲載される。ATM手数料、金利分はここには含まれておらず、後日計上されるとのことでした(電話確認)。ちなみに、繰上返済すると、この明細ごと消えて無くなります。

海外キャッシング(繰上返済なし)の場合のコスト

楽天カードは、2017年11月から一括返済に変更になりました。

海外キャッシングのお支払い方法は、2017年11月1日(水)に弊社に到着したご利用情報分より、すべて1回払いに変更させていただきます。

(例)
2017年10月31日(火)までに弊社に到着した海外キャッシングのご利用分⇒リボ払いでお支払い
2017年11月1日(水)を含め、それ以降に弊社に到着した海外キャッシングのご利用分⇒1回払いでお支払い
※海外キャッシングのご利用はご利用情報到着に時間がかかり、到着するタイミングによって1回払いでのお支払となる場合がございます。
※キャッシング1回払いのご利用分につきましては、楽天e-NAVIにてリボ払いへの変更が可能です。

なので、放っておいてもリボ払い地獄に陥ることはなくなり、安心感が増えました。ただ、一括返済日まで利息は積み上がることになります。念のためそれまでの利息も計算してみます。

(前提)
・金利(年利):18%
・57日後に返済(公式ウェブも57日後で計算しているのでそれを踏襲。31日+30日=61日が最大の借りてる期間になる気もするけど、確定日の都合とかで最大が57日になるってことなのか?)

(金利計算)
21,963円 x 18% x (57/365) = 約617円

明細のキャッシング料金:21,963円
金利:617円
海外ATM手数料:216円
合計= 22,796円

両替した場合のコスト


ATMの真横にある両替所Travelexのレートを写真に撮ってきました。海外キャッシングした日と同じ日のこのレートで計算してみます。We Buyが0.06420ってなっていますね。これは、両替所から見て「1円あたり0.06420HKDで買いますよ」という意味です。

1:0.06420 = x:1500
x = 約23,364円

計算の結果、両替の場合、1500香港ドル欲しい場合は、23,364円必要なことがわかります。

海外キャッシングと両替のコストを比較する

上記の計算結果をまとめると、下記のとおりです。

繰上返済(金利4日分):22,222円
一括返済(金利57日分):22,796円
両替:23,364円

こう見ると、海外キャッシングの方がお得な事がわかりますね。金利4日で繰上返済した時と比べると、その差は1,142円です。もっとたくさん現地通貨を調達したい場合、差はさらに開くでしょう。

海外キャッシングと両替のコスト差をグラフ化する


1500HKD調達時のグラフです。「横軸に日数」「縦軸に総支払い日本円金額」をとると、こんな感じになります。もし自動で一括返済されないとなると、金利コストが右肩上がりに積み上がっていく事がよくわかる、こわーいグラフでもありますね。

まとめ

両替より海外キャッシングの方がお得そう(少なくとも、香港の場合は)。どの国でもそんなに変わらないと思うので、基本的には海外キャッシングの方が低コストっぽいですね。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください