宅建には一発で受かろう

宅地建物取引主任者試験は、一発で受かる事をおすすめします。もちろん最初から落ちようと思って受験する人はいないと思います。でも、この試験だけは特に一発で受かって欲しいです。他の資格試験に比べて、一度の受験で受から無いと、デメリットが大きいです。

テストは1年に1度しかない

宅建は、一年に一度しかテストがありません。よって、その年不合格になってしまうと、次の年に受けるしか方法はありません。TOEICは年に何回もあります。日商簿記も年に3回程あります。しかし、宅建は一度しかないのです。

落ちてからは、遠い未来の試験に向けての学習をすることになります。モチベーションを保ち、学習をコツコツ続けるのは大変です。だからといって、試験前まで学習を放棄すれば、これまで勉強してきた事も結構忘れてしまうでしょう。(まあ、新しく学ぶより、思い出す方が容易なのは容易ですが。)

また、時間ももったいないです。学習を毎日コツコツ続ける事を選択するにせよ、試験前に思い出す方を選択するにせよ、時間は取られます。その時間は、合格していれば別の事に使えた時間です。家族と過ごす時間にも使えます。他の資格試験の勉強にも使えます。

まとめ

•宅建は年に一回しか試験が無い

•故に、落ちると「時間」を損する

•モチベーションの面でも、ダメージが大きい

•よって、一発で合格するべき!

受験すると決めたなら、ダラダラやらずに一発で合格できるようにがんばっていきましょう。


Copyright© ヨコログ , 2020 All Rights Reserved.