宅建の試験日と各種データ

・いつ頃あるの?
・何回もあるの?
そんな疑問にお答えします。

試験日についての概要

試験は年に1回です。10月の第三週の日曜日に行われます。

試験内容

・50点満点
・4択のマークシート

その他、試験について

・問題用紙は持って帰る事ができる。
(TOEICとは違ってナイス。試験後、TAC等各資格サイトが、予想回答と予想合格点を発表するので、それを見て自己採点が出来ます!)

受験者数・合格者数の推移

宅建のデータ。

年度受験者数合格者数合格率合格点
2000年168,094人25,928人15.4%30
2001年165,104人25,203人15.3%34
2002年169,657人29,423人17.3%36
2003年169,625人25,942人15.3%35
2004年173,457人27,639人15.9%32
2005年181,880人31,520人17.3%33
2006年193,573人33,191人17.1%34
2007年209,684人36,203人17.3%35
2008年209,415人33,946人16.2%33
2009年195,515人34,918人17.9%33
2010年186,542人28,311人15.2%36

宅地建物取引主任者 - Wikipedia
より引用。2000年から抜き出しました。

上記データから分かるように、合格点が36を超えたことはありません。つまり、36点とれればおそらく合格できるという事です。ちなみに、もっとさかのぼって1981年からチェックしても、36点を超えたことはありません。


© 2020 ヨコログ