宅建試験では満点を目指すな

宅建試験に3ヶ月で合格する勉強法の戦略です。

なぜ満点を目指さないのか?

理由は簡単で、合格するのに満点は必要ないからです。満点取るまで勉強しようと思うと、膨大な時間と労力が掛かります。人生において、他にやるべきことはたくさんあります。ですので、合格に必要なスコアを満たす知識をつければよいのです。

具体的に、何点を目指すのか?

宅建の合格点は毎年変動するので、一見何点取れば良いのか分からないかもしれません。しかしこれは、過去のデータを解決します。まず、下記のデータを見てください。

年度受験者数合格者数合格率合格点
2000年168,094人25,928人15.4%30
2001年165,104人25,203人15.3%34
2002年169,657人29,423人17.3%36
2003年169,625人25,942人15.3%35
2004年173,457人27,639人15.9%32
2005年181,880人31,520人17.3%33
2006年193,573人33,191人17.1%34
2007年209,684人36,203人17.3%35
2008年209,415人33,946人16.2%33
2009年195,515人34,918人17.9%33
2010年186,542人28,311人15.2%36

宅地建物取引主任者 - Wikipedia
より引用。2000年から抜き出し。

これを見ると、36点を越えた年が無いことが分かります。つまり、36点以上取ればよいのです。それ以上は、過去のデータから見ると必要ありません。ちなみに、更にさかのぼり1981年からチェックしても、
36点を越えたことはありません。36点を取れば、ひとまず合格は大丈夫だと考えるのが普通です。


Copyright© ヨコログ , 2020 All Rights Reserved.