WordPressのパーマリンク設定を変更。301リダイレクトの設定備忘録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Wordpressのパーマリンク設定を下記の通り変更しました。

変更前:/%category%/%postname%/ → 変更後:/%postname%/

備忘録として、やった事を記録しておきます。

パーマリンク設定を変更した理由

記事数が増えるにつれて、カテゴリー構成を変更したくなってきました。しかし、記事URLの中にカテゴリー名が入っていると、カテゴリー変更にともなって個別記事のパーマリンクにも影響が出てきてしまいます。

今後、カテゴリーの再編を気兼ねなく行えるようにする為に、今回設定変更を行いました。まだ記事数が32しかないので、今のうちならそこまで影響もでないでしょうしね。

設定変更方法

パーマリンクを変更




Wordpressの管理画面にログイン。パーマリンク設定の画面を開きます。そして、「投稿名」という所をクリックします。すると、カスタム構造の欄の記述が「/%category%/%postname%/」から「/%postname%/」に変更されます。
変更を保存をクリックし、設定を反映させます。

301リダイレクトの設定

次は301リダイレクトの設定です。301リダイレクトを設定すると、
「旧URLにアクセスしてきたユーザーを新URLに転送する」「旧URLの被リンクを新URLに引き継ぐ」というような事ができます。

「/%category%/%postname%/」から「/%postname%/」への変更の場合、基本的にはWordpress側で勝手に301リダイレクトをかけてくれるようでした。
(例えば、前述のパーマリンクの設定変更を行うだけで、http://example.com/category1/post1/なら、http://example.com/post1/に301リダイレクトをしてくれるようになっていました。ちなみにWordpressのバージョンは、WordPress 3.8です。)

ただ、子カテゴリーまで入っているような場合は、上手くリダイレクトしてくれなかったので、自分で設定を行いました。(http://example.com/category1/category1-2/post1/のようになっている場合は、うまくいきませんでした。)

プラグイン「Redirection」で個別に301リダイレクトを設定




子カテゴリーまでURLに入ってしまっている記事については「Redirection」というプラグインを用いて設定を行いました。
上記画像の通り、「ソースURL→旧URL」「ターゲットURL→新URL」を入れれば設定完了です。簡単です。

301リダイレクトが反映されているか確認

念の為、きちんと301リダイレクトが反映されているか確認します。僕はHTTP Header Response Status Codes Check Tooというサイトを利用しました。




URLの欄に、変更前の記事のURLを入れます。上記のように「301 Moved Permanently」と表示されていれば、OKです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*